ご挨拶

電気が発明され160余年。地球を取り巻くエネルギー・環境問題は悪化の一途を辿っており、全世界で、過去の反省と、未来に向けての問題解決が叫ばれています。

私どもが、ご提供する次世代型発電システムは、22世紀のエネルギー問題を解決する画期的なシステムです。

従来の発電システムの課題となっております、送電ロスを軽減し、又、従来不可能だった省スペースでの発電が可能となっております。

又、建築ビルへの落雷があった場合でも、電子機器の基盤が破壊されない避雷針システムと電線に流れるノイズ(雷・静電気・電磁波)対策と等電位ボンディング工法を開発し、地元宮崎県の防災無線システム・データーセンター、鹿児島県内の水道システムにおいて約10年間破壊されない実績を基に、特許を取得致しました。

現在対策の遅れている太陽光発電・風力発電・LED照明システム・EVシステムの電子基盤を守る為、貢献して参ります。

わたしくしどもは、22世紀のエネルギー産業を担うべく、挑戦を続けて参ります。

代表取締役 金村 貴康
ページトップへ

会社概要

社名 株式会社ハツデンインターナショナル
所在地 宮崎県宮崎市恒久南二丁目2番地9 公栄第二ビル3階2号室
TEL 0985-78-0500
FAX 0985-50-5038
設立 2012年1月26日
資本金 500万円
従業員数 3名
事業の内容
  • カーボンオフセット・リスクマネージメントコンサル
    太陽光発電・風力発電・ノイズ発電・光ファイバー発電・蓄電池・EV・光通信システム等々の電子基板ノイズ対策(雷・静電気・電磁波)
  • スマートグリッド・ノイズ・リスクマネージメントコンサル
    建築物(地震対策建築含む)への落雷対策
    電力系ノイズ【雷・静電気・電磁波】対策
    光通信ネットワーク・ノイズ【雷・静電気・電磁波】対策
  • 等電位ボンディング(G-J工法)
    海抜の異なる建築物(耐震建築物)への直撃雷・近隣への落雷による雷電流の回避構造建築物(特許公開2007-6583)
会社案内パンフレット
getadobeダウンロードはこちら(PDFファイル)

※PDFファイルをご覧になるためには、Acrobat Readerが必要です。お持ちでない方は、上のバナーをクリックしてダウンロードしてください。

ページトップへ

組織図

組織図
ページトップへ

hi 取得特許一覧

特許番号 登録日 出願日 発明の名称
3525343 平成16年2月27日 平成10年6月16日 ケーブル牽引用補助具
4048314 平成19年12月7日 平成13年9月20日 光通信ケーブル成端箱の収納ボックス
4114094 平成20年4月25日 平成14年7月16日 静電気放電体とこれを装備した静電気対策機器
4143691 平成20年6月27日 平成12年3月7日 光通信ケーブルの配線方法及びその配線用成端箱
4441724 平成22年1月22日 平成15年8月1日 過剰電流の回避回路放電管及びこれを用いた
過剰電流回避システム
4599884 平成22年10月8日 平成16年4月28日 ノイズ侵入防止ビルディング構造
5252272 平成25年4月26日 平成20年5月28日 放電ノイズ吸収素子及びこれを利用した放電
ギャップ式避雷器並びに放電跳ね返り波回避
回路及びノイズ回避ボックス
6153000 平成29年6月9日 平成24年9月20日 三極型SPD素子を備えたサージ電流逆流防止回路とカウンターシステム
ページトップへ